-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06 2016

最終補強

おはようございます、ミンドルです。

久留米産は他産地に比べ、産卵数が少ない!?との情報を様々なところで聞く上に、ビギナーブリーダーなので、うまく産卵セットできるかと心配がつきまとい、最後!と心に誓い、ポチッとしてしまいました…汗






姿形がとても気に入ってます!






今年は、オオクワガタ久留米産とツシマヒラタクワガタと本土ヒラタクワガタをブリード予定です。


久留米産
① 82mm × 52mm
② 82mm × 51.5mm
③ 79mm × 51mm
④ 79mm × 50mm
⑤ 77mm × 49mm


ツシマヒラタクワガタ
① 68.5mm × 40mm
② 68.5mm × 39mm

本土ヒラタクワガタ 和歌山県産
① 62.5mm × 35mm


菌床も先人の方々の意見を参考にして、3種類で試してみようと。


① EXCEEDさん Levin-G-SP
② 神長さん S4
③ グローバルさん WISH-K



で、初本格ブリードをやってみたいと考えております。



ブリードをやる以上、自分のスタイルを作っていければと思うので、今年はまず事始めに菌床の入れ物について検証をしてみたいと考えております。



温度の伝わり方とか、菌床の持ちとかを先人の方々の意見を拝見するので、同じラインの幼虫を3種類の菌床、3種類のボトルに分けて同温度にて検証してみたい。


ボトル
① ビンボトル
② PPボトル
③ クリアボトル


検体は少ないですが、何となく差が出てくれればと思ってます。


ビンも購入しないと。。。汗
他は既詰めボトルとブロック自詰めで考えてます。


産卵木は、この間DRさんがA材半端がある情報をゲット。ご商売を辞められてしまうとの話を聞いていたので、最初で最後かもしれないDRさんの材を使えて嬉しく思います。





親種も起きてきて、餌食し始めてきたので、
4月からブリード開始の楽しみと不安で毎日を楽しく過ごしてます。笑


先人の方々の幼虫の体重画像なんかを、自分も載せることができるのだろうか!? 爆


それでは〜!

スポンサーサイト

- 2 Comments

チョネ  

こんばんは

こちらではお初ですね。^_^
ブログ拝見させていただきました。
冷温庫。本格的で素晴らしい出来ですね。
飼育頭数は60頭程度でしょうか?

ボトル形状による比較検証。
情報は確かか?
何事も試しながらは飽きません。^ ^
ゴルフもデータ取りが好きで、
データの中に改善へのヒントが
見出せることがありますから。

ご希望であればHP.RSSLINKを
設定しますのでご連絡ください。m(_ _)m

2016/03/15 (Tue) 19:40 | EDIT | REPLY |   

mindor  

Re: こんばんは

こんばんは!
訪問ありがとうございます。恐縮です (^◇^;)

冷温庫をお褒めいただき、また、コメント頂きとても嬉しいです。
冷温庫には200ビン位は入る計算なのですが、6月の重なる
時期!?を考慮して最大100頭位を目処に考えております。
現在は、あらゆる種類を含め60頭位です。

私もチョネさん同様に、仕事も趣味も、仮説→行動→検証
で、自分が納得しないとすまない性分なもので。
何事も現場に答えがあると。笑
とはいえ、クワブリは情報過多のこの時代に、かなり先人の方々の
情報を多投させていただいてますが。。。汗

今回もチョネさんの裾の根活動に完全に触発され、恥ずかしながらも、初コメさせていただいた次第です。
久留米産の細長形態が好みですので、チョネさん一部ブリードの累代を楽しみに待たせて頂きます。 m(_ _)m

リンクの件ですが、チョネさんのリンク先は皆様、クワブリ専門の様ですので、私の様な一部クワブリブログなので、お声掛け頂き、非常に光栄なのですが、今回は辞退いたします。無礼をお許し下さい。

チョネさんのブログで勉強させて貰ってますので、今後とも何卒宜しくお願いいたします!

追伸 初ご対面がビックサイトでしたら、笑ってやって下さい。


2016/03/15 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。