31 2016

温冷庫 冷却補強

こんにちは、ミンドルです。



関東は梅雨明けしたとは言え、今日も35°Cを越える暑さでしたね〜 (~_~;)



この暑さが我が家クワブリの大敵です。
外気が30°Cを越えると、温冷庫内の温度が設定温度より2°C程上がってしまいます💧💧



先人のトップブリーダーのブログを拝見すると、設定温度誤差0.5°Cなどという、我が家からしたら、ほぼ神わざレベル!



クワガタを室内飼育させて貰っているだけでもありがたき幸せ、人間様でもエアコン使用はほぼ僅か…
そんな中、エアコン管理のブリードルームなど、夢のまた夢。。。



嘆いても仕方ありません。そこで、今日は、








ペルチェ素子冷却装置を1台補強追加、庫内の温度を少しでも抑えらるように期待します。



冬期のヒーター温度設定の方が、設定誤差が少ないので何とか夏最盛期を乗り切って欲しいものです。








1本目投入後、1〜2ヶ月経過して食痕が見えてきました。
食痕=生存確認、嬉しき事です。
2本目の交換時の初体重測定が楽しみです。(笑)







1本目幼虫投入時に、自分なりの♂♀判別もやってみました。
2本目交換時に正解率がどの位かも、楽しみです。



とにかく、幼虫よ、太ってくれたまえ‼️
1,2,6番ラインは25gなんて言わず、30gを超えてしまって良いからね。



ゆっくり、じっくり、楽しみたいものです。




それでは、また〜


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment